blogたむら 2014年05月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

田村茗荷

暖かな春が過ぎ去り、暑い夏が訪れようとしております。
少し蒸し暑く感じる日もあり、梅雨も段々と近付いて来ているようです。

今回の記事では田村神社の社紋をご紹介したいと思います。

田村みょうが

田村神社の境内を歩いていると、おそらく一度はこの紋を目にすると思います。
この紋は建築物から授与品に至るまで、様々な場所に用いられており、「あの紋は一体どういうものですか?」と尋ねられる参拝者さまも少なくありません。
一見、鳥の両翼のようにも見えますが、実は「茗荷」という植物を対にしたものです。

みょうが

この紋は「田村茗荷」と呼ばれており、田村神社の御祭神である坂上田村麻呂公を祖とする家系において、家紋として用いられております。
田村神社の境内にも、この茗荷が植えられており、その花穂を収穫して、茗荷入りの「厄除まんじゅう」が作られております。

DSC_0042.jpg

この「厄除まんじゅう」は、2月の厄除大祭において、数量限定で皆さまに頒布販売させて頂いております。
厄除大祭時に田村神社へお参りの際は、是非ともお受け頂きたいと思います。


スポンサーサイト

 

2014/05/28 その他 C0 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。