blogたむら category4 その他

田村神社禊場にて研修会が開催されました。

9月も半ばに入り夏の暑さも落ち着いて、過ごしやすい穏やかな気候になってきました。
鈴鹿に連なる山々を見渡せば、気を急くように早くも色づき始めている木々が見つかる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
8月の終わり頃には非常に強い台風が複数同時に日本列島を直撃するという未曾有の災害が発生し、北海道や東北地方を中心に土砂崩れや道路の冠水など大きな被害が発生しました。被害を受けられました被災者の皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。

田村神社では今月12日に滋賀県神社庁主催の禊研修会が開催されました。
禊とは我々人間が知らず知らずのうちに犯してしまった罪やため込んでしまった穢れを取り除くためのものであり、海や湖、また川などに身を浸して行われます。
神代の頃、死別した妻のイザナミノミコトに会うために夫であるイザナギノミコトが黄泉の国へと赴いた後、その身に付いてしまった穢れを取り除くために海水で身を清めたと言われており、これが禊の始まりと伝わっています。

DSC_0857.jpg

当日は滋賀県内の神社で社務に励んでいる神職が田村神社へと集まり、禊の歴史や意義、その作法について講習を受けました。
田村神社には本殿西側の奥に広大な禊場があり、毎年9月になると境内を流れる御手洗川の清水を用いて禊が行われています。

DSC_0893.jpg

神明に奉仕する神職にとって穢れは忌むべきものであり、それ故に常に清潔であることが最も重要であるとされています。
冷たい水に身を浸すことで心身共に引き締まるため、大切な神事の前に禊を行う神職も少なくありません。
禊は身近に海や川がなくとも、お風呂場などで水を被ることでも可能ですので、宜しければ皆さまも一度実践なさってみてはいかがでしょうか。


 

2016/09/14 その他 C0 T0  

無事、万灯祭を斎了しました。

暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
田村神社は今年も8月の25日から27日までの3日間、万灯祭を斎行させていただきました。

今年は生憎と天候に恵まれず、イベントが集中している26日に雨が降るという事態となりました。
しかし、雨の中でも大勢の方にお参りをいただき、皆さまの熱気もあってか、イベントが後半に差し掛かる頃には雨雲は去り、星々が輝く夜空となりました。

DSC_0846.jpg

また、今年初めて導入を致しましたプロジェクションマッピングも好評であり、田村神社の拝殿に映し出された御祭神の坂上田村麻呂公のお姿や鮮やかな色彩の景観に多くの方が見入る様子が見られました。

DSC_2852.jpg
DSC_2922.jpg

今年も数多くの提灯のご奉納、誠にありがとうございました。
この万灯祭の提灯のご献灯は田村神社授与所にて随時受付しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。


 

2016/08/13 その他 C0 T0  

五月も下旬を迎えました。

皐月らしい晴れやかな日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
榊の木々も新たな葉を芽吹かせており、田村神社の境内を歩めば、自然の生き生きとした様を感じ取ることができます。

DSC_0817.jpg

田村神社の境内には背の高い木々が数多く立ち並び、ご本殿まで続く参道に優しい影を落としています。
ご本殿の東側には野洲川の支流である田村川が流れており、耳を澄ませば小鳥たちの鳴き声に混じって、川のせせらぎが聞こえて来ます。

DSC_0808.jpg

土山までお越しになられた際には、是非とも田村神社へお立ち寄りいただき、ご参拝くださいませ。

 

2016/05/23 その他 C0 T0  

厄除大祭が斎行されました。

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
17日より本日19日までの3日間、田村神社において厄除大祭を斎行させていただきました。

001_201602192305137b9.jpg
002_201602192305151b4.jpg

厄除大祭は曜日にかかわらず毎年2月の17日から19日までの3日間斎行させていただいております祭典であり、その歴史は弘仁3(812)年にまで遡ります。
本年の厄除大祭の斎行日は3日間とも平日であり、例年よりお参りされる方は少なかったのですが、それでも仕事を終えた後にお参りにいらっしゃる方や、放課後に友達を連れて露店巡りを楽しむ学生さんたちによって、にぎにぎしい雰囲気に包まれました。

DSC_0777.jpg

祈祷殿には前厄・本厄・後厄の三歳の厄年の厄除をはじめ、家内安全や交通安全などの御祈祷を求める方々が大勢訪れ、御祈祷を終えた後は晴れやかな表情を浮かべておられました。

DSC_0724.jpg


 

2016/02/19 その他 C0 T0  

9月も半ばを過ぎ、秋らしくなって参りました。

日の暮れが早まり、朝と夜の肌寒さに秋の訪れを感じる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
田村神社の境内にある紅葉は、少しずつ葉の色を朱に染めようとしております。

さて、皆さまは禊(みそぎ)という言葉をご存じでしょうか。
禊とは、川や海の水に浸かり身体を洗い清める行事で、身体に罪や穢れがあったり、大切な神事を控えている際に行われます。
この行事は神代の昔から続いているもので、妻の伊耶那美命(イザナミノミコト)に会うために黄泉の国へと出向いた伊耶那岐命(イザナギノミコト)も、黄泉の国から戻った際、禊をして身体の穢れを洗い流しています。
9月になると、滋賀県内の神職が田村神社へ集い、本殿の西側にある禊場において禊研修を行います。

DSC_0716.jpg

神職たちは川から取り入れた水に身体を浸し、大祓詞を奏上して、己の罪や穢れを洗い流し、「禊とはどういうものなのか。」を実際に経験して学びます。
この研修は毎年行われており、当日は禊場から神職たちが厳かに大祓詞を奏上する声が聞こえて来ます。


 

2015/09/21 その他 C0 T0